院長・院内紹介

院長・院内紹介

くまい内科医院 (Home)院長・院内紹介

当院の理念

近年増え続けている心疾患(狭心症、心筋梗塞)や脳血管疾患は動脈硬化が原因です。
この動脈硬化を防ぐには早期に生活習慣病(メタボリックシンドローム)を発見して管理治療を継続することが大切です。
私達は循環器内科診療を通して、働き盛り世代の心臓血管病を阻止し、みなさまが明るく元気な日々を過ごされるようお手伝いすることを使命と考えております。

当院の理念

近年増え続けている心疾患(狭心症、心筋梗塞)や脳血管疾患は動脈硬化が原因です。
この動脈硬化を防ぐには早期に生活習慣病(メタボリックシンドローム)を発見して管理治療を継続することが大切です。
私達は循環器内科診療を通して、働き盛り世代の心臓血管病を阻止し、みなさまが明るく元気な日々を過ごされるようお手伝いすることを使命と考えております。

当院の理念

近年増え続けている心疾患(狭心症、心筋梗塞)や脳血管疾患は動脈硬化が原因です。
この動脈硬化を防ぐには早期に生活習慣病(メタボリックシンドローム)を発見して管理治療を継続することが大切です。
私達は循環器内科診療を通して、働き盛り世代の心臓血管病を阻止し、みなさまが明るく元気な日々を過ごされるようお手伝いすることを使命と考えております。

院長紹介

院長 隈井 俊彦

千葉大学医学部を卒業後、千葉大学医学部附属病院、国保旭中央総合病院、千葉県救急医療センター、(財)東京都東部地域病院などで循環器内科診療に従事。 狭心症や心筋梗塞の冠動脈検査·治療を行っているうちに、重病になる前に動脈硬化の予防をすることの重要性を痛感し、2000年横浜市瀬谷で地域の予防医療を実践するために開業。

院長紹介

院長 隈井 俊彦

千葉大学医学部を卒業後、千葉大学医学部附属病院、国保旭中央総合病院、千葉県救急医療センター、(財)東京都東部地域病院などで循環器内科診療に従事。 狭心症や心筋梗塞の冠動脈検査·治療を行っているうちに、重病になる前に動脈硬化の予防をすることの重要性を痛感し、2000年横浜市瀬谷で地域の予防医療を実践するために開業。

院長紹介

院長 隈井 俊彦

千葉大学医学部を卒業後、千葉大学医学部附属病院、国保旭中央総合病院、千葉県救急医療センター、(財)東京都東部地域病院などで循環器内科診療に従事。 狭心症や心筋梗塞の冠動脈検査·治療を行っているうちに、重病になる前に動脈硬化の予防をすることの重要性を痛感し、2000年横浜市瀬谷で地域の予防医療を実践するために開業。

院内紹介

受付カウンター

すっきりと広い受付カウンターです。ご不明なことがございましたらお気軽にスタッフにお声がけください。

待合室

大きな窓から日差しが入り、明るく開放的な待合室です。くつろいでお待ちいただけるようBGMはジャズピアノトリオによるヒーリングミュージックです。

診察室

ゆったりと広さのある診察室です。レントゲンや心電図は、デスク上のモニター画面で供覧、ご説明いたします。